FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あずきのこと

 あずきが逝ってしまって数日がたちました。その間に、何人かから、お悔やみの言葉をいただいたり、お墓参りに来ていただいたりしました。
 あずきは、いろんな人から、とても愛されていたのだということを実感しました。本当にありがとうございます。あずきもきっと喜んでいると思います。

 あずきは捨て犬でした。だから、本当の年齢も、名前も、生まれも育ちもわかりません。
 拾ったのは私ではありません。知り合いの農業を営んでいる方がもう8年か9年前に拾ったのです。
 あずき、という名前をつけたのもその方です。
 その家は、集落から離れた一軒家でしたので、その当時は、放し飼いにされていました。あずきは、前の飼い主を忘れられなかったのか、それとも単に放浪癖があったのか、しょっちゅう、失踪していたそうです。
 そうした中で、あずきは子どもを3匹生みます。1匹は早くに死んでしまいましたが、1匹は、麦星農園さんの飼っているアルク、もう一匹は、そこの農家にいるみぶなという犬です。
 あずきは、あまり母性がなかったのか、それとも元の飼い主を探すことに心を奪われていたのか、子育てをあまりしませんでした。
 また、そこの農家には、もう一匹、コリー犬を飼っていました。そこのご主人は、その子を溺愛していました。あずきはその子から、一方的に嫌われていて、ご飯もろくに食べられない状態でした。
 そんなことから、あずきはどこかおびえたような、人の目をうかがって媚を売るような顔をした犬だったと思います。
 また、子育てを放棄してしまったことや、溺愛されていたコリー犬から嫌われていたこともあって、人間からの評価も低いものでした。
 そういう自分も、あずきのことをかわいいとは思えなかった一人です。しかし、そのコリー犬との折り合いがあまりにも悪かったので、半ば押し付けられるような形で、私が引き取ることになったのでした。

 一緒に暮らすようになってからも、私のあずきに対する評価は、それほど変わりませんでした。嫌い、ということではありませんが、かわいいとも思いませんでした。
 だから、あずきに対しては、こちらから特別な何かをしたことはありません。たまになでてあげることと、車が好きだったことから、出かけるときは、一緒に車に乗せてあげたことくらいです。あとは基本的にほったらかし。あえて言えば、以前に住んでいた家は、鎖に繋がなくても文句をいわれないような環境だったので、放し飼いにしていたことがよかったことかもしれません。
 毎日見ていると、かえってその変化には気づきにくいものですが、私のあずきに対する印象が少しずつ変わっていったのは、周りの人の声のおかげが大きいと思います。
 2年もすると、以前のあずきを知っている人から、あずきが変わった、といわれるようになりました。そのうちに、見知らぬ人から、かわいい犬ですね、とほめられるようにもなり、あずきちゃんのお父さんとして、私のことを覚えてくれるような知り合い方をすることが増えていきました。
 小さいなりで、めったに吠えることがなく、こちらからよほどの乱暴をしない限りは噛み付くこともないので、子どもたちのいい遊び相手でもありました。
 中でも印象深いのは、犬嫌いだった女の子が、ある日、あずきに会いたいといって、わざわざ家族でうちまでやってきたことです。その子は最後には、あずきを抱っこできるようにまでなりました。お墓参りにも来てくれたね。
子どもとあずき1
 また、以前にも書いたように、今年の駒ヶ根のクラフトフェアでは、見知らぬ人が大勢、あずきの周りに集まって、じっとたたずんでいるという、不思議な光景を見かけたりもしました。
 いつも、いるのかいないのかわからないような静かな犬でした。捨てられたり、ほかの犬にいじめられるような、つらいこともあって、心に傷を負っていたのかもしれないけれども、最後には、こんな、天使のようになりました。つらかった思い出も、洗い流されて、向こうの世界に行ったと信じたい。
 あずきは、人付き合いの得意でない私を、たくさんの人と繋げてくれました。
 きっと、あずきとの思い出も、これからまだまだ育っていくと思うし、そのように生きていきたいと思います。
 あずきさん、今までありがとう。
 あずきをかわいがってくれた皆さんにも感謝します。ありがとうございました。
 

 
スポンサーサイト

さよならあずき

 あずきが逝ってしまいました。たぶん、今朝の未明。
 昨日の昼にちょっと離したら、そのまま帰ってこなかったのです。
 あちこち捜したのですが、見つからずに昨日は寝てしまいました。
 浅い眠りの中で、あずきの叫び声のようなものを聞いた気がして、起き上がり、家の周りを見回したのですが、聞こえるのはほかの犬のほえる声だけです。
 朝になって、また、あちこち捜していたところ、近所の人が、あそこで死んでた、と教えてくれました。
 そこは、何度も探し回ったところでした。
 
 ずっと覚悟していたこととはいえ、こんな別れ方が来るとは思いませんでした。
 この最後については、悔やんでも悔やみきれないことがあります。

 あずきさん、今までありがとう。さようなら。
 今まであずきをかわいがってくれた方々、ありがとうございました。

あずきのお墓_convert_20101006142116
 あずきのお墓です。

あずき10・10・3_convert_20101003222632
 稲刈りのときの写真です。これが最後の写真となってしまいました。

あずきといっしょに_convert_20101006142250
 今年、田んぼの代かきを行ったときの写真です。


あずきの失踪

 おとといの夜、外に行きたいとあずきがいうので、外に離してやりました。
 体調はここの所ずっとよく、自分から外に行きたがることがうれしく思えたのです。
 大体いつもは、外に離してやっても遠くに行ってしまうことはなく、しばらくすると玄関の前に戻ってきて待っています。
 ところがその日は、なかなか戻ってくることがありませんでした。しかし、その日は元気になってよかった、などとのんきに構えていて、自分のことをいろいろしているうちに、あずきのことを忘れて寝てしまいました。
 次の日の朝も家の前にもどってきていないのを見て、初めて不安を覚えました。
 近所を何度か捜してみても、姿が見当たりません。
 まずい。
 春に心臓発作を起こしたことが頭をよぎりました。
 今の季節は暖かいから大丈夫とは思うけど、こんなにいつまでも戻ってこないことは今までありません。
 町役場、保健所、交番に連絡して協力を頼みました。
 元気になったと思って、油断していたことが悔やまれます。老化がずいぶん進行していたことはわかってたはずなのに・・・。最悪の事態も覚悟しました。ちゃんと最後まで看取ってやるつもりでいたのに、こんなことでかなわないことになってしまうなんて、なんて馬鹿なんだろう。

 午後3時ごろ、電話がありました。交番からです。近所の道路上で、あずきらしき犬を見たという通報があったとのこと。急いで出かけると、50台くらいの男の人が、あずきといっしょにいてくれていました。
 すみません、と恐縮しながら声をかけると、その男の人は、うれしそうな顔でわたしを迎えてくれました。
 この子の飼い主?よかったねえ。わたしも昔、犬を飼ってたから、いなくなったときの気持ち、よくわかるんだ。
 あずきは、少し疲れた様子でしたが、元気でした。犬好きな人に見つけてもらって本当によかった。
 あのまま、ずっと行方がわからないままでいたら、今ごろ自分はどうなっていただろう。知らないうちに、あずきの存在は、自分の中でとても大きくなっていたようです。
 家からそんなに遠くないところにいたことから考えると、やはり体力はずいぶん衰えてしまっているのかもしれません。夜に外に出たから、もしかすると帰る方向がわからなくなってしまったのかも。

 また反省材料がひとつ。でも反省で済んでよかったです。
あずき8月23日2_convert_20100825230349

あずき8月25日3_convert_20100825230510
 正面から顔を取ろうとしても、なかなかこっちを向いてくれません。
あずき8月25日_convert_20100825230431



あずきの健康2

 前回の記事では、ご心配をかけたかもしれませんので、その後のあずきの様子についてご報告します。
 無事に排便が出来たということで、一安心はしましたが、まだ腸の中には残っているようです。
 その後も万事がうまくいったわけではなく、便秘気味であることには変わりありません。
 これは、夏ばて、その他による疲れも影響しているようです。
 ですから出来る限り安静にすること、U先生に教わった食事療法と、ホメオパシーの薬をちゃんと飲ませることを出来る限り行っていこうと思います。
 ここで、食事療法のレシピをご紹介します。
 サツマイモをゆでてつぶし、おかゆ状にします。それに本葛粉をまぜてとろみをつけ、梅干(!)の果肉をつぶして混ぜます。これだけではなかなか食べてくれませんので、豚肉のひき肉を生のまま、そこに混ぜて出来上がりです。これに残りご飯を入れたり、にんじんをやはりゆでてすりつぶして入れたりもします。
 サツマイモや、にんじんなどの根菜類は、デトックスにいいのだそうです。あずきは、今年の初めに腫瘍の手術をしたので、その再発防止のための意味もあります。以前はジャガイモを使っていたのですが、便秘にはサツマイモのほうが利くとのことです。
 おかゆ状にするのは、なるべく水分を取るためです。あずきはあまり水を飲まないので、それで便秘になりやすいようです。
 葛粉には、体を温める意味があります。漢方の葛根湯でもわかるように万能の薬なのだそうです。
 マクロビオティックに興味のある方はご存知でしょうが、体の状態は大雑把に陰性と陽性に分けることが出来ます。これも大変大雑把な言い方ですが、そのどちらかに偏ってしまった状態が病気ということになります。
 体が陰性に偏ってしまったときは要請のものを、陽性になってしまったときは陰性のものを食べてバランスを回復させるのですが、葛粉には、どちらに偏ったときでも中庸に戻す働きがあり、しかもとても強力なのだということです。
 梅干にも腸を刺激して動かす意味があるのだそうです。
 ご飯を食べるあずき1_convert_20100817221413

 何しろご老体なので、油断は禁物です。日によってずいぶん体調が違うようですが、今日はひところに比べればずいぶんよくなったようで、足取りが軽いです。
 今まであずきには、親善大使としてずいぶんこき使ってきましたが、その負担はわたしが思っていた以上に重かったようです。もうその仕事からは引退してもらって、穏やかにすごしていただこうと思います。
 今までかわいがってくれた皆さん、ありがとうございました。
ご飯を食べるあずき2_convert_20100817221455
 今後もたびたび、あずきの様子を報告していこうと思います。


 

あずきの健康

 先月の終わりくらいから、あずきの足取りが重いというか、よたよたしてきて、急激に老化が進んだなあ、なんて思っていたら、4、5日前からなんだか様子がおかしい。抱き上げようとしただけで、どこかが痛むらしく、するどい叫び声をあげるのです。
 いつもお世話になっている、U先生のところに連れて行くと、これは便秘だということでした。薬をもらってきて3日ほど様子を見ましたが、改善される兆しが見えず、今度は浣腸をして出してもらいました。
 そして、食事療法のレシピを教えてもらって食べさせたのですが、その後もなかなかうんこは出ず。
 昨日、今日とわたしは、親戚の家に行く用がありました。とても迷ったのですが、なかなかいける機会も少ないので、あずきは知り合いに預けていってくることにしたのです。もちろん、あらかじめ作りおいた食事も一緒に。
 ところが、こういうことはやっぱりするものではありません。行っている間中、あずきのことが気になって仕方ありませんでした。今朝、電話をしてみると、食欲はあるけど、まだうんこが出ていないということだったので、心配は余計に募りました。
 もう、あずきの腸には、自力で便を排出する力がないのかもしれない、そうだとしたら、もう死期が近いのかも、今だってあんなに痛がっているのに、このまま食べたものが体の中にたまっていったら、どれだけ苦しむのだろう、なんていう考えが頭の中をぐるぐると回ります。
 帰り道、ドラッグストアによって、下剤を購入して、あずきを引き取りに行くと、夕方にたくさん、うんこが出たとのことでした。おなかを痛がる様子もなく、少し足取りも軽くなったようで、ほっとしました。
 老いていくということや、病気になるということが、これほど身近に感じられたことはありませんでした。本当によかった。U先生、預かってくれたYさん、本当にありがとうございました。特にYさんには、こんなときに預けてしまって申し訳ありませんでした。何事もなかったからよかったですが、もっと慎重に行動するべきだったと反省しております。
プロフィール

ルーシェンカ

Author:ルーシェンカ
長野県の小海町で家具を製作しています。
家具のこと、木のこと、森のこと、その他の身の回りのことを紹介していきたいと思います。
メールアドレス atsushitakahashi@nexyzbb.ne.jp

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。