FC2ブログ

初めての・・・鍼

 昨日、机の納品に友人宅まで行ったときのことです。
 その奥さんのほうの友人は、鍼灸師をやっているので、長いこと患っている、首から左腕にかけての痺れについて、なにげなしに相談してみたところ、
 じゃあ、鍼、やってみる?といわれ、そのまま治療してもらう成り行きになってしまいました。
 昔からの友人とはいえ、というかなんでもない友達の、一応は女性(!)の前で、パンツ一丁になって治療代に寝かせられることになり、
 もう、あなたはまな板の上の鯉だから、などという彼女は、妙にうれしそう。
 そして、あつこちゃん(などと呼ぶ人間はあとにも先にもほかにはいない!)、痛い鍼と痛くない鍼、どっちがいい?痛いほうが効くけど、鍼が初めての人にはやったことないの。
 そういうことをこともなげに言う彼女のペースに巻き込まれてしまったのか、なぜか痛いほうの鍼を選択してしまった自分。
 そしてそれは、本当に痛かった。針を刺される痛みはあまりないのだけれど、鍼の周りから、なにかのかたまりが押し出さ
れていくような鈍い痛みがする。時々指先のほうまで電気が走るようなときもある。
 たまりかねて、あとどれくらい打つの?と聞くと、
 う~ん。100本くらいかな~。などといいながら、彼女は次々にいろんなところに鍼を刺していきます。そして、うふふ、痛いでしょう、あたしはね、いっぱい鍼を使うの。と誰に言うのでもないようにいいます。
 本当に100本くらい鍼を刺されたころに、治療は終わりました。
 その後、歩いてみると、なんだか感じが違います。右足のほうが長くなったような感じ。右の股関節が開いていたから締めたのだそうです。
 次の日の朝もからだがなんとなく軽いし、左肩のしびれも完全ではないけど、ずいぶん収まりました。その代わり、ほかの場所に痛みが出てきたりもしていますが、とにかく何かが違う。
 彼女の話によると、からだのパランスが変わったから、そういうことは起こることなのだそうで、一度では治療は仕切れないのだそうです。
 なかなか得がたい体験をさせていただきました。それに仕事を楽しんですることはいいことだ。
スポンサーサイト



学習机

 友人に頼まれていた、娘さんのための学習机を納品してきました。
学習机1_convert_20110509235440

学習机2_convert_20110509235628
 サイズは、高さ68センチ、幅109センチ、奥行きが60センチです。材料はカバザクラ、蜜蝋仕上げです。

学習机・ワゴン2_convert_20110509235732
 袖机は、キャスターつきで、移動できるようになってます。
プロフィール

ルーシェンカ

Author:ルーシェンカ
長野県の小海町で家具を製作しています。
家具のこと、木のこと、森のこと、その他の身の回りのことを紹介していきたいと思います。
メールアドレス atsushitakahashi@nexyzbb.ne.jp

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR