FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Exhibition~Living with Art展

 先週の日曜、軽井沢の木と磁展、無事終了しました~。そのご報告もまだだというのに、次の展示会のお知らせです。
 佐久平駅浅間口のホテル東横インの一階にあります、元麻布ギャラリー佐久平で、7月4日から15日まで行われます、Exhibition-Living with Art展に参加いたします。
 この展示会は、この東信地域で活動している木工家6人(芦田貞晴・佐々木 保・出光 晋・荻原 敬・高橋 敦・宮鍋 慶 敬称略)とアーティスト5人(三田村和男・鹿島 寛・菱田俊子・小川 陽・片岡 渡 敬称略)の作品を合わせて展示する企画であります。
 ちなみに私は、小川 陽さんの作品と合わせていただくことになっています。
 小川さんの作品、検索してみたのですが、見つかりませんでした・・・。残念。
 説明するのは野暮なので、ぜひ見に来て下さい(笑)
 今回、このギャラリーのOさんに声をかけていただいたのですが、作家同士の相性をよく考えて組み合わせてくださっています。こういう気遣いってとてもうれしいものです。ちゃんと調和が取れるのか、不安な気持ちもありますが・・・。
 いい展示になりますように。
スポンサーサイト

「木と磁」始まりました!

 お知らせしました、「木と磁」始まりました。
木と磁展示風景_convert_20130618012741
 展示の全景です。建物がいいこともあり、うまく展示できたと思います。

李朝風TV台と藤野貴則絵付磁器_convert_20130618012803
 私の李朝風TV台と、藤野貴則さんの絵付け磁器。

海州小盤と藤野貴則絵付磁器_convert_20130618012658
 同じく私の海州小盤と藤野さんの磁器。藤野さんと私の作品の相性がいいのか、単独で飾るよりも、お互いが引き立っているように思います。

nemofurniture食器棚と阿部春弥白磁_convert_20130618012448
 こちらはnemofurnitureの荻原敬さんの食器棚と阿部春哉さんの白磁。こちらもとても似合ってると思います。

ネストテーブルと白磁_convert_20130618012539
 同じく荻原さんのネストテーブルと阿部さんの白磁。

阿部春弥マグカップ3種_convert_20130618012611
 阿部さんのマグカップ3種。普段使いによさそう。

藤野さん陶板_convert_20130618012719
 こちらは藤野さん作の陶板。この人は、とてもリアルな絵を描きます。テクニシャンです。

イージーチェアnemofurniture_convert_20130618012513
 荻原さん作のイージーチェア。これに座ってテレビでも見てたら、そのまま眠ってしまいそうです。

 同じ木工、同じ磁器を作っているといっても、作り手によってぜんぜん方向性も個性も違うことがよくわかって面白い展示となりました。ぜひ観ていただきたいです。
 ホテルハーヴェスト旧軽井沢の1階ティーラウンジにて23日まで開催しております。
 アクセスはこちら

木と磁 

 明日、というか今日、16日より23日まで、軽井沢のホテルハーヴェスト旧軽井沢の一階ティーラウンジにて、「木と磁」の展示会が行われます。
 木、つまり木工のnemofurnitureの荻原敬さんと私。それから磁、つまり絵付け磁器の藤野貴則さん、白磁の阿部春弥さんの四人展です。
 みんなこの東信地域でものづくりをしています。どうぞよければお出かけになって、声をかけてください。

 アクセスはいかのリンクを参照してください。
http://www.resorthotels109.com/kyukaruizawa/

木工家ウィークNAGOYA 2013

 今年も、5月31日から6月3日に行われた木工家ウィークNAGOYAに参加してきました。
 ほんとは事前に告知したかったのですが・・・。全然その余裕がなくて、すみません(笑)
 これは、木工関係のとても大きなイベントで、名古屋市内のいくつもの会場で、さまざまなイベントが行われていました。
 自分は、その中のひとつ、撞木館でおこなわれた、work chairs展に新しくできた椅子を一脚、持って行きました。
 しかも、今回は、なぜか実行委員の一人となっておりました。遠方に住んでいるので、事前の準備にはまったく参加できなかったのですが、当日は働くということで、3日間、ほぼ、どこにもいけず・・・。他の会場も見たかったのに・・・。
 しかし、この撞木館は本当に素晴らしい建物です。大正時代に建てられたものだそうですが、表は洋館、裏は日本建築で、庭も素晴らしい。おかげで、ずっと会場の中に詰めていたのにもかかわらず、まったく飽きることがありませんでした。
 この会場で展示されていた椅子は、約50脚。同じ椅子といっても、作る人によっても、使う目的によっても、これほど多様なかたちがあるのかということに驚かされ、見飽きることはありません。
 昨年は初参加で、なんとなく他の参加者に気後れしているところがありましたが、今年は実行委員として働いたこともあって割と普通でいられたし、周りからもちょっとは認められてきたように思います。自分の作る椅子に対しても、ある程度の自信がもてました。すわり心地に関しては、他と比べてもかなりいいほうだったと自負しております。
 ただ、椅子ってそれだけじゃないんだなあ、ということもよくわかりました。もっと自由な発想があっていいとおもったし、見た目の良さ、かっこよさをこれからはもっと追求したいと思いました。

 ダイニングチェア1_convert_20130608015502
 今回出展した椅子。このあいだ、座面の座ぐりについて報告したやつです。3次元の曲面で、からだにちゃんとフィットするようになっています。機会があったら、ぜひ座っていただきたい。木の座面だと、硬くて、座りにくいイメージがあるかもしれませんが、きちんと体に合わせて削ったものは、その硬さがかえって心地よさになります。

 
プロフィール

ルーシェンカ

Author:ルーシェンカ
長野県の小海町で家具を製作しています。
家具のこと、木のこと、森のこと、その他の身の回りのことを紹介していきたいと思います。
メールアドレス atsushitakahashi@nexyzbb.ne.jp

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。