FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終講義

 先週の土曜日、大学の恩師の最終講義と退官の祝賀会に参加するために、伊那に行ってきました。
 先生は、花粉分析という手法を主に用いて、その場所の森林がどのような植生であったのかを調べることが専門の方です。これによって、その当時の気候が温暖だったのか、寒冷であったのか、または人間による自然への介入がどのようであったのかを詳しく調べることができ、そこから、これから私たちが森林とどのように付き合っていくべきなのかを考察されていました。
 最終講義は、その研究生活のすべてを足早に語ったもので、時間の中に収めようとしてとても早口にしゃべっておられました。
 その内容は、学生時代に聞いた講義や、研究室で毎日のように語られていたことだったので、理解をすることは難しくは無かったのですが、当時は気がつかなかった、先生がこの学問を志したきっかけや、花粉分析を学問の手法として成り立たせるための試行錯誤が感じられ、とても感動したのでした。
 先生がその研究で明らかにされたことが自分の知識となって、それが今の自分を成り立たせている基礎となっていることを発見したのです。
 そのあと、先生の学生だったうちの数人が、先生の研究室で何を学んだかを壇上で語ってくれました。
 自分にとってはそれはいったい何だろう。
 それは本当に自分の基礎となっているものなので、はっきりと示すことはとても難しいのですが、今一番に思い浮かべることは、その土地の個性を感じることができるようになったことではないかと思います。
 
 日本なんて、どこに行っても同じだと昔は思っていました。全国チェーンのショッピングモールやコンビニ、レストラン、たしかにそういうものを見ている限りでは、どこもおなじでつまらないです。
 でもひとたび自然に目を向けるとき、同じ場所なんか、ひとつもありません。例えば山の形。長野の山は高くて急峻で、厳しさを感じさせますが、東北の山はなだらかで優しい感じがします。九州の山は、長野に比べれば低いですが、そこを刻む谷は深くて大きく、山が深いと感じられます。
 そういったさまざまな個性のある土地に人は暮らしてきたのですが、その暮らし方はやはりそれぞれ特徴的です。その土地の気候や地形などの自然条件や、地理、歴史条件によって、その町や村の発展のあり方は変わります。
 海辺の町を歩いたときは、家の門の前に魚の開きが干してあるのを見て驚きました。こういうところでは干し魚を自分で作るのは当たり前なのかもしれませんね。
 また、京都や奈良の山は、昔の崩れた石垣があったり、とにかく人の暮らしのにおいがぷんぷんして、どれほど昔から人が住んでいたのか、その歴史の厚みに感動したものです。逆に北海道は、とにかく自然がでかくて、人間がやたらとちっぽけに感じられて、おそろしかった。
 
 こんな風にどこに行っても、そこの場所の自然と、人の暮らしのあり方に目が行ってしまうようになったのは、間違いなく大学時代につちかわれたものでしょう。おかげでどこに行っても退屈しません(笑)

 IMG_0262_convert_20140226235727.jpg
 
 このときは、大学の同級生、先輩、後輩も当然たくさん来ていて、とても楽しい時間をすごせました。なかには卒業以来はじめて会う友人もいたけど、みんなぜんぜん変わらず。もっと太ってしまったやつがいたりすると思って期待していたのですが、残念でした。
スポンサーサイト

再開

 やっと今日から仕事を再開することができました。
 お店には品揃えが少ないなど、まだ完全ではありませんが、こちらは日常を取り戻しつつあります。
 近所の方に聞いてもこんな大雪は初めてだそうで、まさしく百年に一度のことだったのでしょう。
 丸2日間、どこにも行くことができず、その後も道路の雪かきや、屋根の雪下ろしに明け暮れました。
 規模も深刻さも比べ物にならないのはわかっていますが、あの震災のこととどうしても重ね合わせてしまう自分がいました。
 昨日今日に降るといわれていた雪も結局降らず、一安心です。ご心配してくださった方々、どうもありがとうございました。

IMG_0259_convert_20140220222933.jpg
 今日の作業の様子です。いったい何ができるでしょう?
 
 

大雪!

 信じられないほどの大雪です。
 普段なら、一日の積雪が50センチを越えないところですが、今回は120センチを越えました。
 道路もやっと先ほど除雪されて、丸2日陸の孤島となっていました。
 ほんとに想定外のことでした。
 町まで下りることができるようになったので一安心ですが、まだ日常生活を取り戻すにはしばらくかかりそうです。
IMG_0251_convert_20140216204734.jpg
 丸一日掛けてやっと車が通れるように雪かきをしました。

IMG_0253_convert_20140216204757.jpg
 消防の消火栓まで道を作りました。

スギパネル材の棚

 先日、納品してきた棚。
 これは、スギのパネル材を使用し、接合部はほとんどが木ねじを使ってあります。ほぞを切ったところは2箇所のみ。
 非常に簡単なつくりのものです。
 スギパネルの棚_convert_20140213224507
 こんな棚が全部で3つ。友人である、ウェブデザイナーのYさんのご注文で作らせていただきました。

デザインオフィス1_convert_20140213224748
 Yさんのオフィス。中央に見える椅子は、やはり拙作のダイニングチェア。長時間座りっぱなしの仕事なので、腰に優しいこの椅子を使っていただいています。

デザインオフィス3_convert_20140213224953
 空っぽの状態で撮っていますが、ここに書類やらなにやら色々入ります。打ち合わせのとき、机の高さや入るもののサイズなどを色々検討して、棚の大きさを決めていきました。その話の具体的なことに、さすがデザイナーだなあと感銘を受けました。

デザインオフィス5_convert_20140213224920
 棚自体は、何の変哲もないものですが、こうやって計算を尽くして作ったものを並べると、なかなか趣が出てきますね。書類でいっぱいになった状態も見てみたいものです。
 もっと安い材料ならば他にもありますが、そうすることをせずに、あえてスギ材を使いたいという、Yさんの心意気がうれしいですね。Yさん、ありがとうございました。

ミルキングスツール

 気がついたら、ひと月もブログを更新せずにいました。
 楽しみにしていた方、申し訳ありません。
 
 もう昨年末に作ったものになりますが、ミルキングスツールの写真をアップします。
 ミルキングスツールとは、牛の搾乳用の椅子のこと。持ち運びやすいように軽くつくられています。また、普通のスツールよりも座面の高さが低いのが特徴です。
 今回の作ったのは、アメリカにかつて存在していた、シェーカーというキリスト教の教団の様式のものです。ただし、オリジナルのものよりも少し高く作ってあります。

ミルキングスツール1_convert_20140209220703
 上から時計回りに、ブラックウォールナット、タモ、クルミ材のもの。
ミルキングスツール bw1_convert_20140209220757
 正面より、ブラックウォールナットのもの。三本足のスツールです。
ミルキングスツール クルミ2_convert_20140209220842
 後ろから、こちらはクルミ材。
ミルキングスツール タモ2_convert_20140209220920
 横からタモ材。それぞれ木によって違った味が出ています。
 このうちブラックウォールナットとクルミのものは嫁入りしました。玄関で靴を履くためのスツールがほしいということでこちらの形をご提案したのです。3本足ということで、普通の4本足のものに比べるとやや安定は悪いですが、その分軽く持ち運びをしやすいので、このような使い方には適していると思います。
 ちなみにサイズは幅30センチ、奥行き30センチ、高さ30センチ。タモの1脚は残っております。
 ほしいかたはプロフィールの欄にあるアドレスまでご連絡を。
プロフィール

ルーシェンカ

Author:ルーシェンカ
長野県の小海町で家具を製作しています。
家具のこと、木のこと、森のこと、その他の身の回りのことを紹介していきたいと思います。
メールアドレス atsushitakahashi@nexyzbb.ne.jp

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。