FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラマツのスツール②

 久しぶりに作りました、カラマツスツール。
IMG_0504_convert_20150928215830.jpg
 材料はカラマツの間伐材。
 カラマツは、以前から何度か説明していますが、この地方の山では最も多く植栽された木です。それなのに、扱いづらさや、材価の低迷などから、価値を貶められてきた木でもあります。詳しくは以下のリンクを。
http://yuzuriha472.blog121.fc2.com/blog-entry-42.html
 戦後の公共事業として、カラマツの植栽はおこなわれてきたのですが、私は、この歴史を考えるとき、いつも複雑な気持ちになります。なぜ、植える段階でもっと先々のことを考えてくれなかったのか?輸入材が安く、大量に入ってきたことなど、その当時には予測がほぼ不可能だったようなこともありました。それにしても、材がねじれやすいなど、扱いが難しいことは初めからわかっていたはず。振り返ってみると、国の政策は本当に場当たり的で、あきれます。
 それでも私たちは、今の現実から逃れることはできないわけで、私もものづくりの端くれとして、自分なりにカラマツを家具に生かす道を探ってきたのでした。
 ちなみにこの2年くらいで、国内産の木材が以前よりもずいぶんつかわれるようになったようで、それはこの数十年間ずっと低迷し続けてきた林業にとっては明るいニュースであります。私の町の森林組合も雇用を増やし、新しい機械をどんどん入れて、勢いづいております。
 しかし、その活用の仕方を見てみると、合板の心材が主のようです。それが大量に作られたとしても、結局は粗末にあつかわれる部類のものです。そのために、需要が拡大し、施業面積が広がり、林業が地元経済に貢献したとしても、果たしてそれでいいのだろうか?なんだか不安が残ります。
 その不安は、ひとつには需要の幅が狭いこと。合板の需要の動向の影響をもろに受けてしまうのではないかという不安です。それはかつて電柱や杭丸太として使うことをもくろんで見事に外れてしまったことと似ているような気がするのです。
 しかしもっと深いところに本当の原因があると考えています。それは、合板のような使い捨てるものと、孫子の代を見据えて行う林業というものが、本質的にそぐわないような気がしているのです。合板の芯に使うだけならば、木材の質はそれほど求められませんが、家を建てるにしても、家具を作るにしても、よいものを作るためにはよい材料が必要で、そのためには、じっくりと、一本一本の木の素性を見極めつつ、丁寧に育てる必要があります。その両立ができるのか?一時的な好景気に翻弄されてしまうだけではないか?今の上がり始めた景気をうまく利用して、本当によい木を育てる、本当によい森林を作るためのきっかけにしてほしいと切に願います。
 
IMG_0502_convert_20150928215807.jpg
 上から見たところです。お客様の希望で、いつも作っているものよりも大きい座面です。直径36センチ。
 
IMG_0501_convert_20150928215731.jpg
 自分の役割は、山の木を、暮らしに役立つものに変えることです。普段悪口をいわれることの多いカラマツの間伐材ですが、使い道をこうやって少しずつでも増やしていきたいと思います。
 自分で言うのもなんですが、腰掛けるだけでなく、踏み台や、人形などの飾り台としても使えますし、丈夫で、いいものだと思いますよ(笑)
スポンサーサイト

国会に行ったこと

 さる18日、急に思い立って、国会まで行ってきました。
 もちろん、戦争法案に反対するデモに参加するためです。
 ここの所ずっと仕事が忙しかったので、ずっといきたいと思いつつもぐずぐずしていたのですが、その日にも法案が通ってしまうかもしれなかったので(結局、19日の未明に通ってしまったことは皆さんご存知の通り)、自分が何もせずにいることが許せなかったのです。
 その日の午前中はそういうつもりはまったくなく、午後2時も過ぎてから急に思い立って行ったのですから、本当に衝動に駆られて、という感じでした。
 結局法案は通ってしまったし、現地にいたのはたったの2時間ほどですから、何ができたということもありません。それでも、現場に足を運び、その空気を直に感じてきたことはよかったと思っています。

IMG_0499_convert_20150922221522.jpg
 デモの様子です。
 老若男女、さまざまな世代の人たちが、普段着で集まっていました。かつてのデモのような、ヘルメットにゲバ棒を持つようなイメージはありません。警察の警備は過剰と思えるほどで、市民の安全確保というよりは、デモの規模がなるべく小さく見えるようにするためではないかとおもわれました。そういう中でも、私たちは極めて上品に、おとなしく行動していたと思います。
 こういうことに参加することは、いまや特別に政治に興味のあって例えば革命を起こしたいというような人たちのすることではなく、普通の人たちが意見を表明するためのひとつの手段だといえるでしょう。そういう意味では革命的なことです。
 その様子をfacebookにアップしたところ、いくつかのうれしい反響がありました。
 まず、いいねをくれる人が思った以上に多かったこと。こういう政治的な話題についてはみな、避ける傾向があったのですが、このことについては多くの人が好意的に見てくれました。
 そして次の日の朝、知り合いから電話がかかってきて、その日の昼にちょっとした集まりがあるから、そこで話をしてくれといわれました。仕事をしなきゃ、と内心では叫びつつ、行ってきましたよ。それもいい経験でした。
 そこには、この大規模なデモの火付け役となった某団体の中心人物の人が、かつて研修をしにきたことがあるという農家の方も来ていました。その彼は、農業研修に関しては、それほど優秀ではなかったとか。ちょっとした裏話ですが。
 それから、やはりfacebookで、一度会ったことがあるくらいでほとんど知らない人からメッセージをいただいたりもしました。なかなかこういうことに関して、話すこともできず、行動もできずにいた人が、たくさんいることがわかって、とてもうれしかったです。
 もっとこういうことを、気軽に話せる場が必要なんじゃないか、と思いました。
 ちょっとした行動でしたが、たくさんのよいものをいただきました。それを次につなげていかなくてはね。

ニセアカシアのミルキングスツール

こちらは、以前にもご紹介したミルキングスツール。

IMG_0487_convert_20150913234015.jpg

先日、また新たに作ったのですが、今回はニセアカシアという木を使いました。

ニセアカシアの木はこちらです。
IMG_0452_convert_20150913234717.jpg

 こちらの写真は、今年の5月に撮ったもの。この季節になると、このあたりはこの木の白い花が満開になります。そこらじゅうにある木なので、この季節に白い花を咲かせている木を見たら、この木だと思ってもよいくらいです。
 ちなみにこの花は、食べることもできます。天ぷらにするとよいと聞きますが、生のまま食べても、ほんのりと甘くておいしい。また、はちみつでアカシア蜜と呼ばれているものは、この花の蜜です。すっきりとした、上品な味がします。
 
 昨年、このニセアカシアの木を森林組合からいただいてきたので、板にして、乾かしていたものを、このような形に作ってみました。これこそ地域の自然とつながる木工であります。
 私は、以前からカラマツを使うなど、地域の木材を生かすことを考えてまいりました。材木屋さんから、均質に製材されたものを買ってくることに比べると、製材に手間がかかったり、長く幅が広い材をとりづらいなど、クリアしなくてはならない問題も多いことは確かなのですが、これからのものづくりに必要な方向は、地域の自然の恵みをどのように生かしていくか、だと考えています。(このことについては、またいつかちゃんと説明するつもりです)
 まだまだ試行錯誤が必要ですが、一つ一つ形にしていきたいと思います。どうぞ見守ってくださいませ。


プロフィール

ルーシェンカ

Author:ルーシェンカ
長野県の小海町で家具を製作しています。
家具のこと、木のこと、森のこと、その他の身の回りのことを紹介していきたいと思います。
メールアドレス atsushitakahashi@nexyzbb.ne.jp

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。