FC2ブログ

味噌の仕込み

 昨日の晩、友人の麦星農園のSさんのところに、味噌の仕込みの手伝いに行ってきました。
 ここの味噌は、大豆も米も有機農法で作ったものを使用し、麹まで玄米を使って自分で作っています。塩はもちろん、海水塩で、これほどまじめに作っているところはそうはないでしょう。
 いつもはもっと知り合いを呼んで作るのですが、今年は3人だけで仕込みました。味噌の仕込みは、大勢いないと大変な作業なんです。
 でも、豆を煮て、つぶして、麹を作るところは、Sさん一人で行って、私が参加したのは、本当に最後の、米と麹を混ぜ合わせて樽につめるところだけ。
 毎年こんな作業をほとんどひとりでやっているSさんはすごいと思います。
仕込んだ味噌_convert_20110502012433

 いつもいつも思うのは、味噌をはじめに作った人は誰なんだろうということ。その人にはノーベル賞をいくつあげても足りないと思います。
 だって、日本の文化の一番ベースの味ですよ。ご飯と味噌汁の組み合わせの絶妙さ。なんてすごいんだろうと思います。
 仕込んだばかりの味噌は、塩辛いだけですが、これが半年もたつと、発酵することでさまざまな複雑な味をかもし出し、味噌らしい味になります。これはさまざまな菌類の働きによるものですが、たぶんこの味噌樽の中には、世界の人口をはるかに超える菌たちが生きているのでしょう。
 菌たちは、周りの大豆や米を食べて生き、繁殖して、世代交代を繰り返していきます。そこにあるのは、もしかしたら、地球上における人類のそれに匹敵するほどの、菌類の社会と歴史があるのかもしれません。

 最後にこの味噌の味についても一言。私はいつもこちらで仕込んだ味噌を使っていますが、これに食べなれると、ほかの味噌がまずく感じられてしまいます。本当です。ほしい方は、リンクから、麦星農園さんにご注文ください。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ルーシェンカ

Author:ルーシェンカ
長野県の小海町で家具を製作しています。
家具のこと、木のこと、森のこと、その他の身の回りのことを紹介していきたいと思います。
メールアドレス atsushitakahashi@nexyzbb.ne.jp

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR