FC2ブログ

針葉樹家具研究会

 松本市で開かれた、針葉樹家具開発研究会に参加してきました。
 以前から、カラマツの間伐材を家具に利用していこうと考えていたので、このような会に参加できて、とても有意義でした。
 日本では、針葉樹を利用してきた歴史はとても長いのですが、それはあくまでも建築の分野での話。
 家具作りにおいては、高級なものは、世界的に見ても、大体広葉樹を利用したもので、針葉樹を使ったものは、一段低く見られています。
 ところが、家具材に使われるような、木目のまっすぐ通った、幅広の材を取れるような広葉樹は、日本では、ほとんど枯渇しているといってよいのです。
 ですから、そのような材料は、外国の、原生林から切り出したものに頼るほかないのですが、今後は、地球上の資源を循環的に利用していかなければならないこと、そしてそのためには、地域の資源を地域内で循環させていくことが望ましいこと、つまり、国産の植栽された木材を利用していくことを考える必要があるとなると、針葉樹の家具を開発していくことは、とても重要なことなのです。
 それはなぜかというと、日本において、人工的に植林された木は、ほとんどが針葉樹だからです。
 その樹種は、地域によってさまざまですが、長野県では、カラマツが一番多いのです。だから、カラマツで家具を作ることを今まで試行錯誤してきました。
 カラマツで家具を作るにあたって、一般的な広葉樹材の家具と違う問題点がいくつかあります。
 それは、木材が、ねじれるということ、材の強度が、広葉樹材の硬い樹種に比べて、やや落ちること、材の質感が、安っぽい感じがすることです。
 木材のねじれに関しては、人工乾燥技術の発達によって、かなり抑えることはできるようにはなっています。ただし、天然乾燥のものに比べると、材質がもろくなる欠点があります。材質がもろくなるということは、それだけ材料の命が短くなるということでもありますし、加工が難しくなることでもあります。また、仕上がりの美しさも劣ることでもあります。どのような乾燥方法がよいのか、方向性を教えていただきました。
 材の強度については、その分、各部材を太くする必要があり、接合部分にも、一工夫が必要であることがわかりました。
 材の質感が安っぽく見えることにおいては、かなり研究する必要がありそうです。以前から、パイン材(松材)を家具に利用する歴史がある北欧では、塗装で、木目が見えないようにしてしまう方法を取っているようでした。自分としては、この方法はあまりとりたくないのですが、そのほかにもいくつか解決策はあるようで、そのヒントをいただきました。
 この研究会では、今まで漠然と感じていたことを、 はっきりと言葉にしていただいたような感じでとても有意義だったと思います。構造や、乾燥など、技術的な面では、答えが見えたように思いますし、デザインの面では、まだまだ試行錯誤が必要だと思いますが、いくつかの方向性を指し示していただいたと思います。
006_convert_20111127004532.jpg
 カラマツのスタッキングスツール。「さくデ。デザインをはじめよう」展示風景。
008_convert_20111127004650.jpg
 関係ないですが、今日の浅間山。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ルーシェンカ

Author:ルーシェンカ
長野県の小海町で家具を製作しています。
家具のこと、木のこと、森のこと、その他の身の回りのことを紹介していきたいと思います。
メールアドレス atsushitakahashi@nexyzbb.ne.jp

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR