FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kさんの野菜

 同じ町内で有機農業をされているKさんのところに、久しぶりに遊びに行って、撥ねもののモロッコインゲンとパプリカをいただきました。
 Kさんは、大学の研究室の大先輩です。私が大学にいた当時からこの町に住んでいて、有機農業を実践されておりました。大学時代にお会いしたときは、キャンピングカーに住んでおられました!
 あれから長いときを重ね、Kさんの実践はこの町で多くの仲間を作りました。Kさんが中心になって作ったグループは、夏から秋の間、有機野菜の朝市を行ったり、東京のレストランに卸すなど、活発に活動しております。
 このグループで注目するべきところは、元からのこの町の農家の人たちも巻き込んでいることです。有機農業をしようと思い立つような人は、都会から移り住む人たちがほとんどです。今でこそ有機農業は、ひとつの農業の形態として認知はされていますが、農薬、化学肥料を使用する、いわゆる慣行農法に比べると、栽培方法においても、流通の方法においても、まだまだ確立されているとはいい難いところがあります。
 特に高原野菜の産地でもあるこのような町で、地元の農家が、少数であるとは言っても、参加していることはとてもすごいことなのだと思います。
 さて、Kさんのモロッコインゲンと、パプリカについてですが、これはなかなかお目にかかることができないくらいよい野菜です。何がすごいといったら、ものすごく長持ちするのです。あまりに長持ちするので、逆に何か薬が入っているのではないかとクレームが来たこともあるそうです。こんなに生命力の強い野菜は、同じ有機野菜と銘打っているものでも、なかなか見ることはできないと思います。
 生命力が強いといってもそれは、アクが強いというのとは違います。食べてみればわかりますが、この人の野菜の強さは、丸くて優しい強さ。
 特にパプリカの甘さ、やわらかさ、味の濃さ。
 昔、自然農法を提唱した、福岡正信さんの作ったみかんをいただいたことがありますが、あれと同じものを感じました。
 これが野菜本来の味なのかもしれません。
 あらためてKさんを見直してしまいました(笑)

 http://www.yu-kichan.com/
 Kさんの有機栽培グループのリンクを張っておきます。ぜひ見てみてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ルーシェンカ

Author:ルーシェンカ
長野県の小海町で家具を製作しています。
家具のこと、木のこと、森のこと、その他の身の回りのことを紹介していきたいと思います。
メールアドレス atsushitakahashi@nexyzbb.ne.jp

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。