FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロケットストーブ2

 ロケットストーブ_convert_20131130202941
 こちらが、自作のロケットストーブです。ペール缶を三つ重ねて作りました。
 下のほうに黒い穴が見えていますが、これは市販の煙突です。これがペール缶の中で上に向かって伸びています。そして、その周りをパーライトという、これも市販の断熱材で埋めています。
 上に伸びている煙突の根本を見ればわかるように、ペール缶に金切りバサミで穴を開けて、それに煙突を入れ、針金で留めているだけです。めちゃくちゃいい加減なつくりです。

ロケットストーブ 焚口_convert_20131130203028
 先ほどの下のほうの黒い穴の拡大写真です。ここが焚口となります。

ロケットストーブ 点火の状態_convert_20131130203151
 火をたいているところです。なんと、火が上には来ないで、ペール缶の内部に吸い込まれていっているのがわかります。ペール缶の内部に上向きに伸びている煙突(ヒートライザーといいます)は、断熱されているので、内部が高温になっています。そのため、焚口から空気を勢いよく吸い込んでいくのです。

透明な煙_convert_20131130203225
 十分にヒートライザーが高温になると、そこで木のガスは完全燃焼するので、煙の出口では、きれいな透明の煙となります。

 今回の工作にかかった費用は、煙突とパーライトだけです。しめて7000円ほどでできました。ペール缶は、近くのガソリンスタンドでもらってきたものです。
 もっと工夫して、ペチカを作ることもできますし、材料をレンガや土で作れば、もっとしっかりした暖房にもなります。
 工作としては、ペール缶を金切りバサミで切るくらいなので、難しいことは何もありません。
 なんと素晴らしく、発展性のあるものでしょうか。
 そのうち、レンガと土で、家用の暖房も作りたいです。

 
ウッドガスストーブ_convert_20131130203301

 こちらは、ついでに作ったウッドガスストーブです。これも要らない缶で作れます。キャンプ用や、緊急避難時のコンロとしても使えそうです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ルーシェンカ

Author:ルーシェンカ
長野県の小海町で家具を製作しています。
家具のこと、木のこと、森のこと、その他の身の回りのことを紹介していきたいと思います。
メールアドレス atsushitakahashi@nexyzbb.ne.jp

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。