FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本民藝館展 講評会 2013

 毎年の締めくくりであります、日本民藝館展が、8日から始まります。
 それに先立ちまして、講評会が5日におこなわれましたので、行ってきました。
 今年の結果は、4点出して、準入選が2点です。こんなもの、でありましょうか。
IMG_0188_convert_20131206225503.jpg
 こちらは、自分の作品、ではありません。入選作品で、上手だなあ、いいなあと思った作品です。ガラス越しなのであまりうまく映ってませんが、技術的にとても上手で、丁寧に作られています。
 民藝館展は他の公募展とちょっと選ぶ基準が違うと思います。同じ作者のもので、やはり技術水準は高いのに、準入選のものや、落選のものもあります。デザインがあまり目に付くような物は好まれないようです。良かれと思った工夫が、全体のバランスを崩していたり、かえって使いづらくしていたりすることはあるものです。そういうところは、よく見られていると思います。
 どこにも突出したものが無く、使ってみるとさまざまな工夫をされているところがわかる、そんなものが理想でしょうか。そういうところを見てくれるので、毎年出すのです。

IMG_0196_convert_20131206225636.jpg
 こちらは、奨励賞を取られた、秋田の樺細工の茶筒。いいなあ。これほしいですね。触って、ふたの開け閉めをしたかったのですが、さすがに遠慮しました。

IMG_0191_convert_20131206225551.jpg
 こちらは箕ですね。網目がしっかりとしていて、丁寧なつくりです。もともと農作業に使うものですが、こんなものも出品されるのが館展のよいところ。これこそが、民藝。暮らしに根ざしたよいものって、こういうものかと思います。

IMG_0190_convert_20131206225528.jpg
 こちらは、またたび(だったと思います)の手提げ。これも網目がとてもきれいで、丈夫そうです。ひとつほしいんですけど、なかなか・・・。民藝館展でいつもいいなあと思うのは、こういう竹や、木の皮で編んだものです。素材の良さがストレートに出てきます。自然の素材を生かした技です。

IMG_0193_convert_20131206225614.jpg
 こちらも奨励賞の芭蕉布です。この布は、普通の芭蕉布とは違って、芭蕉の繊維一本一本をそのまま糸に使ったもの。だから非常に薄くて軽やかです。織もとても丁寧で、門外漢の私もいいものと思いました。

 やっぱり民藝館展は面白いです。お近くの方は是非一度、見に行かれてみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ルーシェンカ

Author:ルーシェンカ
長野県の小海町で家具を製作しています。
家具のこと、木のこと、森のこと、その他の身の回りのことを紹介していきたいと思います。
メールアドレス atsushitakahashi@nexyzbb.ne.jp

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。