FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

кин-дза-дза!

 一月ほど前、確定申告の作業がどうにもやる気が起きなかったときのこと。
 映画を見ながらやったらどうだろう、などといかにもやる気の無いときに思いつきそうなアイデアが浮かびました。
 日本語のものだと、言葉がわかってしまって集中がそがれる。英語のものも、多少はわかるだろうからまずい。
 ということで、ロシア映画をパソコンで流しつつ、作業をおこなおうと思ったのでした。逃避願望丸出しのアイデアであります。
 そこで検索を掛けてみると、モスフィルムという、モスクワの映画会社のサイトには、旧ソ連時代から、最近のものまで、たくさんの作品が公開されていることがわかりました。
 それで、いろんな映画を流して、横目でそれをちらちらと見つつ仕事をしていました。それが仕事によい影響があったかどうかはなんともいえませんが、ロシア映画、面白いです。
 字幕も吹き替えも無いので、当然何を言っているかわからないのですが、なんとなく雰囲気はつかめるし、それで十分楽しめるのです。これは意外な発見でした。
 有名な、タルコフスキーの作品は、小難しいのでこういうときには大変向いています。
 「モスクワは涙を信じない」(москва слезам не верит)これも有名な映画ですが、これは結構見入ってしまいました。とてもよかった。
 ソビエト時代の映画は、四角四面の、真面目腐ったものばかりという偏見を抱いていたのですが、全然そんなことは無くて、ハチャメチャな、アイドル映画のようなものもありました。それがこれ。

細かいところはよくわかりませんが、ヒロイン(ナタリヤ・ヴァルレイ)がかわいいというだけのドタバタコメディーのようであります。上の動画はPVですが、興味のある方は上記のモスフィルムのサイトから、"кавказская пленница, или новые прикючения Шурика"(カフカスの女虜、またはシューリクの新しい冒険)をコピーして検索してみてください。ヒロインの登場のシーンが、あまりにもわざとらしくて笑えます。
 こちらの記事によれば、この映画はそうとうな名画らしいです。細かいところが理解できないのであれですが、ただのアイドル映画ではないのかも。

 そして、最後にご紹介するのがこちら。

"Кин-дза-дза!"
 日本でも不思議惑星キン・ザ・ザという名で上映されたようです。
 詳しくは、リンク先のウィキペディアの記事を見ていただきたいですが、一言で言うとへんな映画でした。変なのだけど、それが面白くて、何度も見てしまいました。何度も見ていると、少しずつわかってきます。言葉がわからなくても、意外にわかるし、面白さは感じられるという面白い発見をしました。
 この映画で一番好きなのは、異星人の役のエフゲーニー・レオーノフ。狸のような、熊のような風貌で、ヤッターマンに出てくるトンズラみたい。他の主要の役3人もみんないい。音楽も素晴らしい。
 ヨン様のおかげで韓国との雪解けが進んだように(今は誰かのせいで逆戻りですが)こういう映画のおかげで、ロシアに対する偏見が少なくなったかもしれません。住んでたころに、もっと観とけばよかったです。
 
強調文
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ルーシェンカ

Author:ルーシェンカ
長野県の小海町で家具を製作しています。
家具のこと、木のこと、森のこと、その他の身の回りのことを紹介していきたいと思います。
メールアドレス atsushitakahashi@nexyzbb.ne.jp

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。