FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民藝館展の搬入、その後

 去る11月6日。来月おこなわれる、日本民藝館展に応募するために、東京駒場の日本民藝館まで、直接作品を持って搬入をしてきました。
 そこで、思いがけずその審査員でもあり、師匠(と自分が勝手に思っている)の先生と遭遇。先生は他の用事で来られていたので、たいしたお話はできませんでした。
 しかし、毎年毎年出しているおかげで、搬入でお世話になった民藝館の職員の方々とも顔見知りとなってしまい、まあ今年もよろしくお願いします、と挨拶をしながら、またこの季節がやってきたのだなあとうれしい気持ちになったのでした。
 その後、民藝館で開催中のカンタと刺し子展をじっくりと見させてもらいました。
 カンタも刺子もどちらも刺子の技法を用いて作られた布です。カンタのほうは、インドのベンガル地方のもので、刺子は日本の東北のもの。同じ刺子の技法を用いたものではありますが、色や形はもちろん、何もかもが違う感じです。カンタのほうは、まるで子どもが書いたような、おおらかな絵が描かれてありますが、東北の刺子が描いているのは幾何学的な文様で、隅から隅までを計算して作られたような印象を受けます。どちらがいいと比べられることではありませんが、自分は、カンタのおおらかさが好きだと思いました。
 その帰りのことです。談合坂のサービスエリアで休憩をして車に乗ろうとしたところ、60過ぎの男性に声をかけられました。次の双葉のサービスエリアまで乗せてほしいということです。聞くと、旅先で置引きにあい、知り合いのいる静岡まで行きたいという事です。
 まあ珍しいこともあるものだ、と思い、一緒に行くことにしました。車を走らせながら、いろいろ話をすると、あちこち旅をしながら、絵を描いている人らしいです。大変若い女性にもてる方のようで、あちこちにこの人を慕っている女性がいるようでした。といっても変な関係ではなくて、そういう人たちから悩みを打ち明けられたりすることが多いらしく、また、この人のほうでも親身になってあげているのでしょう。まるで寅さんのような人だなあ、面白い人がいるものだ、と思ったので、早く静岡まで行けるように、甲府の駅まで送りました。無事に帰れたかなあ。ひょんなことから、いいひと時をすごさせてもらいました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ルーシェンカ

Author:ルーシェンカ
長野県の小海町で家具を製作しています。
家具のこと、木のこと、森のこと、その他の身の回りのことを紹介していきたいと思います。
メールアドレス atsushitakahashi@nexyzbb.ne.jp

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。