FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

団塊の世代って

 団塊の世代ってズルいよね。
 こんな言葉を見つけたのは、「たあくらたあ」という雑誌に連載されている、知り合いの岡本さんのコラム。
 確か昨年の夏ごろに出た号でみた気がするのですが、どの号だったか、ちょっとわからない。
 岡本さんはバリバリの団塊の世代で、これを岡本さんに向かって言ったのは、水俣のとある若い女性。
 この一文を見て、自分はひざを打つ思いでした。自分も常々、そう思っていたのです。
 そのことを岡本さんにお会いしたときに言うと、岡本さんはちょっと困ったような、複雑そうな顔をして、じゃ、それについて話そうか、と言って、しばらくそのことについて話したのですが、そのときの言い方が、これは受けて立たねばなるまい、というようなちょっとした覚悟のようなものが感じられて、印象に残っているのです。
 で、自分が話したのは次のようなこと。団塊の世代は、学生時代、散々暴れまわって、社会を変えるとか言っていたくせに、卒業したら、みな手のひらを返したように、既存の社会に従順になって働いて、自分たちはそれなりに成功して、裕福になったかもしれないけど、かつて変えようとした社会の矛盾については、何にもコミットせずに来て、当時よりそれはむしろ大きくなってしまった。そういうものだけ、後の世代に押し付けて、勝ち逃げするなんて、ずるい。
 岡本さんは、こういう話をちゃんと聞いてくれる。でも、自分は岡本さんが、学生時代に感じたものを、忘れずにここまでやってきた人だということを十分知ってる。今でも、よりよい世の中を作ろうとがんばっていることを知ってる。だから、こんなことを岡本さんに対して言うことは的外れなのだ。それも十分わかっているけれども、自分が本当に聞かせたいと思う人たちは、聞く耳を持っていない。聞かせる必要のない、岡本さんのような人になぜか刺さってしまう。

 ついでながら、たあくらたあ、いい雑誌です。週間金曜日が好きな人には特にお勧めします。産直泥つきマガジンといううたい文句で、真っ当なことを言っている今どき珍しい雑誌です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ルーシェンカ

Author:ルーシェンカ
長野県の小海町で家具を製作しています。
家具のこと、木のこと、森のこと、その他の身の回りのことを紹介していきたいと思います。
メールアドレス atsushitakahashi@nexyzbb.ne.jp

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。