FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域に根ざして、世界につながる

 先日、お世話になった方のお別れの会に行ってきた。
 その方とのつながりは、本当にわずかなもので、生前はどんな方かもよく知らなかった。
 手仕事展という、手作りのものの展示即売会があって、そこでは、プロも、趣味でやっているアマチュアも一緒くたに展示を行っているようなところで、そういうところだから、あまり高いものは売れないところだ。
 ところが、数年に一度くらいだけど、割と高いものを、ぽん、と買ってくれる方がいた。
 足の悪いおじいさん、という印象しかなかった。そういう年の召した方は、あまりものを買わなくなるのが普通なので、余計に記憶に残っていた。たぶん、自分のことを応援してくれているつもりだったのだろう。
 だから、なくなられたことを知って、お別れの会に参加させていただいたのだ。ささやかな、お礼のつもりで。
 そして、その方が、どのような方だったのか、初めて知った。知って驚いた。
 望月の小学校の先生をずっとされてきた方だった。朝鮮で生まれ、17歳で敗戦を迎えて、父親の郷里の滋賀県に引き上げ、山の分校の教師を志して、長野に来られた方だという。
 型破りな先生だったようで、エスペラント語を学び、自宅では、馬を飼って子どもたちに開放していた。馬は子供たちと一緒に世話をして、田んぼも子どもたちと作っていたそうだ。
 また、馬や、エスペラント語を通じて、モンゴルをはじめさまざまな国との交流を行っていたそうだ。
 こんな片田舎で!と言ったら失礼は承知だが、地域に根ざして世界とつながる、そういう信念を持って生きた方がいたのだ。
 
 山本辰太郎先生。自分も、あなたのように生きたい。本当にわずかなご縁でしたが、お会いできて、光栄です。ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ルーシェンカ

Author:ルーシェンカ
長野県の小海町で家具を製作しています。
家具のこと、木のこと、森のこと、その他の身の回りのことを紹介していきたいと思います。
メールアドレス atsushitakahashi@nexyzbb.ne.jp

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。